ユーハイムのブログ

【社長だより】日常の出来事

【木を見て森を見ず。】


普段からスタッフに伝えたり、

自分でもそうならないよう、

それなりに気を付けているつもりが、

ちょっとしたことで余裕がなくなると、

近いところしか見えなくなってしまう。


あらためて実感した、

そんなお話です。


とてもお世話になっているある方に、

些細な悩みと言いますか、

ご意見を伺いたくお電話したところ、


「短い時間であれば食事でもするか。」


とお声掛けいただき、

図々しくも、

ご自宅を訪問させていただきました。


まるでタモリのように、

キッチンに立ち包丁を握って、

料理をしながらおしゃべりと、

軽くお酒も楽しまれる。


とても話がしやすい、

そんな雰囲気を作っていただきました。


ある食材で食事が始まり、

ひとしきりその食材の話題で盛り上がり、

忘れたころに、またその食材で締めのお料理を。


短い時間ではありましたが、

自然体でも行き届いたおもてなし。


難しいお話を頂いたわけでも、

深刻なアドバイスがあったわけではありません。


『問題や事柄は大きく捉える。』


帰り際に一言だけ頂き、

道中、就寝前、翌日も、

自分なりに考えて考え抜いて、

ある結論に達することが出来ました。


今は、決めた方向性に沿って、

少しずつ準備を進めているところです。


作っていただいた雰囲気、

楽しいおしゃべり、

盛り付けもきれいなお料理、

気配りされた食材、


たまに振り返りながら、

自分の活力にしています。


ほんの小さな、

日常のお話でした。


湯田

2020-11-05

ブログトップ記事一覧