ユーハイムのブログ

【ユーハイムの日々】移住支援② ~移住を考える理由~

ライフスタイルの変化

都会の喧騒を離れ、自然豊かな環境での生活を求める声が年々増えています。

首都圏はとても便利で、物や人、話題に溢れています。私たちも、親類や知り合いを訪ねたり、イベントや買い物で都内を散策したりすると、水戸市のような田舎に比べれば刺激を受けることも多いです。

しかし、新鮮な食べ物がすぐに手に入り、自然豊かな環境がそばに広がっている今の生活を手放してまで、今から都会に移り住むことは難しいと感じています。

日本に長期滞在する外国人も多く、日本の原風景や日常的な生活、伝統的な文化に興味を持ち、自然や昔からの慣習を重視しています。

実際に、都内在住のお客さまの中には、激務の毎日に疲れて、週末ごとに車やバイクで茨城を訪れる方もいます。将来的には仕事を確保しつつ、緑豊かな場所で、虫や鳥の声に囲まれて生活したいと仰っている方もいらっしゃいました。


経済的なメリット

移住による経済的なメリットとして、生活費の削減や住宅価格の違いが挙げられます。2022年の小売物価統計調査によると、以下のような価格差があります。

・米1袋:水戸市1,999円・東京都区部2,288円
・小麦粉(1kg):水戸市291円・東京都区部312円
・まぐろ(100g):水戸市231円・東京都区部541円
・鶏肉(100g):水戸市134円・東京都区部134円
・牛乳(1000ml):220円・東京都区部218円円
・キャベツ(1kg):水戸市146円・東京都区部:181円
・りんご(1kg):水戸市519円・東京都区部676円

牛乳のように水戸市の方が高いものもあるようですが、あくまで2022年の統計ですし、ここ最近の物価高騰でどのような変化があるかは調べてみる価値があるかもしれません。

さらに、住宅用地価格にも大きな違いがあります。水戸市内では坪当たり約10万円で、ある程度の利便性が確保できます。一方、都心部では地域により違いはありますが、坪100万円以下で取得できることはほとんどなく、10倍以上の価格差があります。

地方では広い土地や庭付きのマイホームを比較的手頃な価格で購入することができ、都市部では得られない豊かな環境で、家庭菜園やガーデニングを楽しむことができます。さらに、人口密度が低く、ゆったりとした生活が送れます。自然に囲まれた環境の中での生活は、静かな環境でリラックス効果が期待できるでしょう。水戸駅から東京駅まで特急で最短1時間15分と都心へのアクセスも良好でありながら、自然と調和した生活が送れる場所として魅力的です。これらの特長を考慮して、皆さまに合った移住先を探してみてはいかがでしょうか。

2024-06-20

【ユーハイムの日々】移住支援① ~イントロダクション~

最近、移住支援の相談を受けることが増えてきております。相談件数は年々増加傾向にあり、その背景は様々です。

私は東京都下で生まれ、幼少期を千葉県富津市や北海道帯広市で過ごし、その後、茨城県笠間市に2年間住みました。そして、中学校入学と共に現在の水戸市内原町に引っ越してきました。高校卒業後は、都内、福島県いわき市、静岡県浜松市、愛知県名古屋市、大阪府東大阪市、石川県金沢市、再び愛知県に戻り豊橋市と、進学や転勤のため各地に居住しました。

転校や転勤を繰り返す中で、体調の維持や人間関係の構築に苦労していたかもしれませんが、その当時はあまり深く悩むことはありませんでした。しかし、家族が増え、マイホームを構え、通勤時間が車で5〜10分程度の生活ができている今、非常に安定したリズムで過ごせていることに感謝しています。都会のど真ん中で満員電車に揺られる日々は、今となっては想像もできず、心身ともに充実した毎日を送っています。

そのような中で、親類や友人に囲まれた生活ではない、縁深くない地域への移住を検討する方々から、具体的な相談を受けることが多くなっています。私たちは自身の経験を基に、生活に必要な情報を提供することを心掛けており、土地・建物の契約以外のことについてもお話ししています。その結果、支援が皆さんの役に立っているという声を頂くこともあります。

このシリーズでは、移住支援について何回かに分けてお伝えしていきたいと思います。

2024-06-10

【社長だより】不動産所有者の「売るか貸すか」について考える

不動産を所有する方にとって、次の世代との兼ね合いは大きな課題になります。多くの場合、子供たちは不動産ではなく現金を相続することを希望する傾向が強い印象です。これは、現金の方が分配しやすく、生活費や投資など、自由に使えるからだからでしょうか。また、経済的な背景も重要な要素となります。年金や退職金だけでは生活が苦しいという場合、不動産を売却して現金化することが一つの解決策となるかもしれません。

一方で、長年住み慣れた場所を離れるのは簡単ではありません。特に高齢の方にとっては、住み慣れた地域には友人や思い出が詰まっており、新しい環境に適応するのは難しい場合があります。このような背景から、子供の近くに移住するために一度は不動産を売却しようと考えたものの、若い世代と折り合いが悪くなり、売却を見送るケースも見受けられます。

私自身も、所有する不動産を売るか貸すかという親類の問題に直面しています。経済的な利点を考えると、売却することでまとまった現金を得ることができ安心感があります。しかし、住み慣れた場所を手放すことへの抵抗感も大きいです。また、認知症などの健康問題が出てくると、契約そのものが難しくなることも考慮しなければなりません。

不動産を売るか貸すかの判断は、一人ひとりの状況や希望によって異なります。次の世代との兼ね合いや経済的な背景、住み慣れた場所への愛着など、さまざまな要素を総合的に考慮することが重要です。どちらの選択をするにせよ、納得のいく決断ができるよう、しっかりと準備を進めることが大切です。


画像は、少しずつ増やしている、お店にある「緑のコーナー」です。

店頭の草屋根で増えた植物を、破損した陶器に植え替えたところ、外よりも快適な環境のためか、葉が広がって芽を伸ばしています。

2024-05-15

【社長だより】地図に残る仕事

もともと近隣ということもあり、高齢になった所有者と、その場所に同居されていない娘さんへ、後押しと言いますか、土地活用の考え方について交通整理のお手伝いをしたことがあります。

あまり詳細に表現してしまうと、少々、誤解を産む可能性がありますので、今回は「地図に残る仕事」というテーマに絞ってお届けしたいと思います。

地元の皆さんにとってすぐに特定できる場所で、「ああ!あの場所ね。整備されて通りやすくなったかも。」と思っていただけるようなお手伝いをしました。

家族の様々な思いがあるため、慎重に進めましたが、あるきっかけから、私に非利害関係者の立場でオファーがあり、土地活用の相談の延長として、具体的な助言を行いました。

今ではすっかり環境も改善されて、快適な生活を送っていると思われます。


マイカーで子供たちとの移動中に、「この辺りは住宅が増えたね。」「ここの地域はいろんなタイプの建物があって雰囲気がいいね。」という会話から、時折、手がけた分譲地や、斡旋した店舗や事業所について彼らに説明することがあります。

日々の業務で使用するgoogleMapやゼンリン地図を通じて、新しい建物などが迅速に反映され、地図を見るたびに、様々な地域や物件の思い出が蘇ります。

弊社は建設業者ではないため、建物が残る仕事ではありませんが、所有者との相談から始まり、お客さまや建設業者、住宅メーカーとのやり取りを通じて、土地の活用を支援しています。

今後も「地図に残る仕事」を通して、携わった物件の地域を豊かにし、資産形成の改善を図っていきたいです。

子供たちが成長してくれた今、そのような会話から得る思いやりや理解を胸に秘め、日々励んでいきます。


画像は、東京スカイツリー前の北十間川です。

たくさんのこいのぼりが泳いでいました。

サップを楽しんでいる親子連れもたくさんいて、とても雰囲気が良かったです。

2024-04-11

【ユーハイムの日々】仕事のやりがい

先日、ラジオで聞いた仕事のやりがいについてのインタビューで印象に残ったのは、鉄道関連の会社で線路のメンテナンスや補修を担当している入社2年目の女性の言葉でした。

彼女は次のように述べていました。

「毎日、当たり前のように電車が走っていますが、多くの人たちが安心して電車に乗れている日常が送れていることを確認すると、その下支えをしている仕事にやりがいを感じることができます。」

人からの賞賛やわかりやすい評価がやりがいの形の一つであるかもしれませんが、自分自身で仕事にやりがいを見つける姿勢に感銘を受けました。これは、仕事の本質的な意義や影響を感じて、自らの役割が社会に与える価値を理解し、その中での貢献を喜びとして感じることによって産まれるものなのでしょうか。

自分の仕事のやりがいを考えたことはありますか?

私たちはお客さまに、これまでに培ってきた経験やノウハウを伝え、ご縁のある方々の期待に応えることで、自分たちが取り扱っている商品やサービス以外のことでも頼られる存在になっています。物件を引き渡すことで、お客さまの新しい生活が始まるきっかけを作る喜びを感じます。時間が経つにつれ、お客さまとの接点は自然と減っていきますが、近くを通った時に成長したお子様を見かけると、安心して生活されていることを確認でき、喜びが沸き起こります。これも、私たちが仕事にやりがいを感じている一因かもしれません。


画像は、

「茨城サッカーフェスティバル2024」

鹿島アントラーズvs水戸ホーリーホックの一戦、私たちはラウンジからの最高の眺めを楽しみながら観戦しました。

開幕直前の合宿中であったため、選手たちの動きは少し重かったものの、それでも見応えのある試合展開でした。特に注目すべきは、日本代表のアジアカップから合流した佐野海舟選手です。後半からの出場でしたが、彼のプレーにはやはり存在感がありまして、まさに日本を代表する選手と感じさせるものでした。

2024-03-09

記事一覧  |   次のページ >>