ユーハイムのブログ

【ユーハイムの日々】笑った顔

こんにちは。

鈴虫の声に

くっきりと浮かぶ月。


夏の酷暑を乗り切り

秋の綺麗な月を眺めてホッとひといき。

そんな季節になりましたね。


みなさまいかがお過ごしでしょうか。


2020年も終盤です!

体調を整えて冬を迎えましょうね。


最近、

『笑顔で接することの大切さ』を

改めて実感するようになりました。


きっかけは、

社長からお借りした本を読んだこと。

そして、

マスクをすることが日常になったことなんです。


マスクをしていると、

していない時に比べて

相手の表情を読み取ることが

難しいなと感じてしまうことがあります。


顔の半分が覆われているので

視覚情報が少ないですもんね。


お話しをしている時など、

いかに口元を見ているか

ということが分かります。(笑)


もちろん、

『目は口ほどに物を言う』

とも言いますから

目を見れば相手の本心が分かる…

のでしょうね。


その辺り

私はまだまだ未熟のようです(^^;)


本の中にこんなことが書いてありました。

『元手がいらない。しかも、利益は莫大。
与えても減らず、与えられた人は豊かになる。
一瞬の間、見せれば、その記憶は永久に続く。』

お~たしかに!

と思わずメモを取りました。


なんだか機嫌が悪そうと思われてしまう方。
(私はたまに思われます。)

笑った顔で過ごしてみると

何かいいことがあるかもしれませんよ。(笑)


そんなことを考える今日この頃でした。


さて、秋のお彼岸ですね。

ご先祖様に笑顔で語りかけてみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で(^o^)丿


PS:㈱SAIKYOさんのハンドメイドマスク☆

お花柄でテンションが上がりそうです♪

冨田

2020-09-20

【ユーハイムの日々】野菜がおいしいこの頃

こんにちは。

「暑いですね~。」

そんな言葉がご挨拶の今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。


お盆が過ぎて、

夜は少しだけ涼しさを感じるようになり

フラッとお散歩にでかけたくなります☆


『夏は夜』

やっぱり昔の方は

四季を楽しんでいたのでしょうね。



最近友人と、

食事と運動にこだわる

といった話しをする機会が増えました。
(気にする年頃ですからね。)


運動は定番の

ウォーキングやジョギング、

自宅でもできる

ヨガやストレッチ、

わがままボディー解消の

筋トレなどなど。


食事でしたら

お腹いっぱい食べずに、

ちょっとだけ良い食材を使った、

もうちょっと食べたいかも、

のところで満足。


女性はこの手の話しと

仕事や恋愛についての話しは尽きませんよね(笑)


私は生野菜が好きで

葉物野菜や人参、ナス、ピーマン、

もやし、アボカドetc

ボウルいっぱいにして

ガッツリ食べちゃいます!

(それだけでもお腹いっぱいですね。)


先日は、

通勤の時によくお話しをする方から

自宅で栽培しているゴーヤをいただきました。

早速うちに帰り、

薄めにカットして

オリーブオイルとぬちまーすをかけて

いただきましたよ♪


みずみずしくてシャキシャキ

苦いけど甘みもあって、

とっても美味しかったです!

ごちそうさまでした(^^)


茨城県は、

北海道に次ぐ

日本有数の農業大国ですから、

野菜が豊富で美味しいですね。


そして鶏卵も日本一!

スーパーでも

ちょっとこだわり玉子を買っちゃいます。


丁度ミーティングで

水戸市(もちろんまずは内原から)

の魅力を掘り下げてみよう!

というお話しをしました。


働き方が多種多様になっていくらこれから、

私たちが住んでいるこの土地を

もっと広くみなさまに知っていただきたい!

といろいろ考えているところなんです。


新しい取り組みなど、

ホームページ等を通じてご案内していきますので

楽しみにしていてくださいね。


それでは今日はこの辺で(^o^)丿


PS:ユーハイムでテナント斡旋をさせていただいた

  『ピザ小屋どんぐり』さん(住所:水戸市鯉淵町5965)

  モチモチな生地と濃厚なチーズにワインがとまりませんでした( *´艸`)

冨田

   

2020-08-20

【社長だより・女性活躍の場】

ユーハイムは私も含め3名で、

日々の業務に取り組んでおりますが、

そのうち2名が女性。


『2/3が女性』

『66.67%が女性』

『女性が男性の倍』


人数が少ないので、

こんな表現は大げさかもしれませんが、

そうは言ってもまぎれもない事実。


私たちの業界、不動産、建設、設計など、

以前より女性がかなり多く所属しておりますが、

まだまだ男性社会と言いますか、

感覚的に8~9割程度は、

男性が占めている感覚です。


関わる頻度が高い女性の皆さんには、


●同業である不動産業者の代表

●住宅メーカーのご担当

●建築士事務所のCADオペレーター

●地主さんのお嫁さん

●業界団体の事務局ご担当

●旅行代理店のコーディネイター

●引っ越し業者のご担当

●金融機関の融資ご担当


このような方々がいらっしゃいますが、

とてもエネルギッシュで、

バイタリティーのある、

そんな皆さんにご協力を頂いております。


業界の絶対数は多くありませんが、

女性たちの活躍や才能、

改めて敬意を表します。


きめ細やかで丁寧な作業、

配慮が行き届いたお客さまへの気遣い。


大きい舵取りは、

当然私の役目ですが、

異なるタイプの、

ユーハイム二名も、

目的に向かって、

日々精進してくれています。


もちろん上記に挙げた、

協力業者さんをはじめとした、

関係者の皆さんのフォローを頂きながら。


男性、女性と区分けする時代ではないですが、

振り返ってみると、

恵まれた環境で、

仕事させてもらっていると、

改めて感じたりします。


画像は我が家の女性たちです。

今年の夏は、

静かにお庭で花火を楽しみました。


湯田

2020-08-10

【ユーハイムの日々】動かないものって?

こんにちは。

この時期ならではの不安定な天候に

疲れがでてきたかな~

なんて思ったりしていませんか?


今週は土用の丑の日です!

しっかりスタミナをつけて

夏本番を迎えましょうね。



そういえば最近、

『とまっているものが好きだよね。』

と言われることがありました。


聞いてみると、

私の好きなものは

本や景色や神社やお寺、お城などなど、

動かないものということのようです。


ん~そう言われてみるとそうかもしれない…。


ですが、

私はどれも動いていると思っています( *´艸`)


例えば本。

小説の中では季節や時間が移り変わり、

たくさんの登場人物が動いていて、

頭の中の想像の世界では物語が流れています。



神社などの建造物も、

戦争や災害などを乗り越えながら

時代時代でさまざまな出会いの場となり、

建物の修復工事などが行われながら

数百年という時を超えて現在に存在しています。



そしてユーハイムで取り扱う不動産。

読んで字のごとく、

手足があるわけでもなく、

持ち運びができるものでもありません。


でも土地って見るたびに違うんですよ。


季節によって

お天気によって

時間帯によって

何で行くかによって

誰と行くかによって

何をしたいかによって

その時の心境によって…。
(これは私だけでしょうか。)


土地・建物って、

奥が深くてゴールがないような

だからおもしろいんでしょうか。
(おもしろいという表現はいまいちですね。)


無事にお引渡しが完了したお土地。

数か月後に見に行ってみると、

マイホームが建って

生活感がいっぱいで

まるで違う場所に来たかのような感覚になります!



お土地をお探しの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ

何度も現地へ足を運ぶ

ということを試してみていただきたいです。



そして、

みなさまの思う

動かないものを教えていただけたら嬉しいです。


それでは今日はこの辺で(^o^)丿


PS:辛いものを食べると元気になりますね!

冨田

2020-07-20

【社長だより】無料相談会・相談員

宅地建物取引業協会・水戸支部主催、

水戸市後援の不動産無料相談、

水戸市役所の一室をお借りして、

相談員として訪問してまいりました。


相談会が始まる前に、

公務でご多忙な中、

貴重なお時間割いていただき、

お話させていただくことができました。

高橋市長、ありがとうございます。


崖地で活用しにくい土地、

相続した母屋の土地・建物活用、

認知症になってしまった母親名義の土地、

過去に事件、事故のあった土地。


皆さん様々なご事情を抱えて、

ご自分の力ではどうすることもできない、

切実なお悩みを打ち明けていただきました。


即効性のある方策を見出せないケースもあり、

お力になれず歯痒い思いをすることもしばしば。


どなたにもご相談ができずに、

悩みをお一人で抱えてしまっていて、

次の一歩が踏み出せない。

そんな状況の方が多いのかもしれません。


まずはお話を聞く。


それだけでも少しは役立っているのかもしれません。
(自分にそう言い聞かせています。)


弁護士、司法書士、土地家屋調査士、

その他専門家の皆さんにもお力を借りて、

交通整理の旗振り役。


それがいま私たちにできる、

具体的な役割なのかもしれません。



今回の画像ですが、

最近購入した陶器です。


毎年GWに開かれる、

笠間の陶炎祭も10月に延期なので、

オンラインストアを覗いて、

二点ほど注文してみました。


風の窯・新井倫彦さんの器、

以前からいくつか使ったことがありますが、

もうすでに長い間使っていたかのような、

すんなり馴染む感じをとても好んでいます。


佐川義乱さんは初めて購入しました。

水戸市内在住の陶芸家さんは珍しく、

とても綺麗な色合いに惹かれて思わず。


双方ともかなり気に入っておりまして、

会社で使用していますので、

ぜひ見掛けたらお声掛けください。


湯田

2020-07-14

記事一覧  |   次のページ >>